今は亡き“あの人”に伝えたい想いを募集します。父母、祖父母、先生、友人、近所の人など、“あの人”とかつて一緒にいた時に言えなかったこと、想い出や、“あの人”が亡くなった後に伝えたくなったこと、感謝の気持ちなどを手紙に綴ってください。

~ 第7回「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」お手紙の募集は終了しました。 ~

たくさんのご応募ありがとうございました。

[ 入賞の発表はこちら ]

「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」朗読動画

大切な方に宛てたお手紙を、鎌倉新書の「いい葬儀」お客様センター専門相談員が心を込めてお読みしています。

過去の入賞作品は「いい葬儀」でご覧いただけます

応募作品の数々

入選作品は書籍に収録されます。

2015年春に公募しました第6回「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」。
全国からご応募いただいたお手紙の中から、金賞1編、銀賞5編、銅賞10編、佳作100編の計116編を選定し、書籍に収録しました。

第6回入賞作品・書籍のご案内はこちら

今は亡きあの人へ伝えたい言葉

この取り組みにかける想い

 大切な人や近しい人の死の知らせは、多くの場合、突然もたらせられます。そのために面と向かって言えなかったことを、「あの人が生きていた間に伝えておけば良かった」と思う経験をされている方々が少なくありません。
 また、その人が生きている間には気がつかなかったけれども、亡くなった後に、その人に対する思いを新たにしたり、再確認するといったこともよくあることだと思います。
 「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」プロジェクトは、そうした方々の想いを聞き届けようという取り組みです。
挨拶全文へ

このページの先頭に戻る